子宮頸がん検診 妊娠中

妊娠中でも子宮頸がん検診を受けた方がよい理由とは?

妊娠中でも子宮頸がん検診を受けた方がよいと言われています。
そもそも子宮がん検診は20歳以上の女性なら2年に1回受けるように推奨されています。

 

妊娠中女性

 

ご心配であれば1年に1回子宮頸がん検診を受けてもよいくらいです。
2年や1年に1回の頻度で検診を受けた方がよい理由はこちらの記事を参考にしてくださいね。

 

子宮頸がん検診はどれくらいの頻度で受けた方がいいの?

 

子宮頸がん検診は膣から器具を挿入して
子宮頚部の細胞をこすり取り顕微鏡で検査する方法です。

 

もし細胞をこすり取る器具にばい菌がついていたりしたら
胎児がばい菌で汚染されて流産してしまう危険だってあるわけです。

 

だから、妊娠中の女性なら子宮頸がん検診なんて受けたくないでしょう。

 

なぜ妊娠中に子宮頸がん検診を受けた方がよいのでしょうか?

 

妊娠中に子宮頸がん検診を受けた方がよい理由とは?

 

子宮頸がん検診

 

子宮頸がんはヒトパピローマウイルスに感染して起こります。
そしてヒトパピローマウイルスは性交渉時にうつります。

 

子宮頸がん検診

 

とはいえ、性交渉時にヒトパピローマウイルスに感染したら
すぐに子宮頸がんが発症するわけではありません。

 

少なくとも3年以上かかって少しずつ正常な細胞ががん細胞に変わっていくのです。

 

ところで日本人女性が妊娠する平均年齢は31歳です。
そして子宮頸がん検診でガンが見つかる年齢も30代がほとんどです。

 

子宮頸がんになりやすい年齢は?症状は?

 

とはいえ、子宮頸がん検診を受けている女性の割合ってわずか20%です。

 

つまり、100人いたら80人の女性は子宮頸がん検診を受けていません。

 

もし妊娠して出産が近づいた時に
子宮頸がんが発症したとしても胎児を堕胎することも難しいですし、
子宮頸がんの手術をすることも難しいわけです。

 

でも、たとえば妊娠10週までに子宮頸がん検診を受けてガンが見つかったとしても
赤ちゃんをおろして子宮頸がんの手術をすることができます。

 

また、妊娠10週くらいまでなら
子宮頸がん検診で子宮頚部の細胞をこすり取っても出血量が少なくてすみます。

 

以上の理由から妊娠中の女性、
しかも妊娠10週までに子宮頸がん検診を受けるように
産婦人科の先生からすすめられるわけですね。

 

ただ、「子宮頸がん検診って痛いのでは?」と不安な方も多いでしょう。

 

そこでこちらの記事で詳しく解説しました。
子宮頸がん検診って痛い?どんな検査をするの?

 

スポンサードリンク

関連ページ

子宮頸がん検診は痛い?
子宮頸がん検診って痛いのでしょうか?どんな検査をするのか?解説しました。
痛くて出血する検査なの?
子宮頸がん検診は痛くて出血する検査なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
クラスって何?
子宮頸がん検診の結果について表示されているクラスとは何なのか?わかりやすく解説しました。
検診は自費だといくら?
子宮頸がん検診の費用は自費だといくらかかるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
動画で検診の流れを解説
子宮頸がん検診の流れを動画でご紹介します。
どれくらいでわかる?
子宮頸がん検診の結果はどれくらいでわかるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
検診で炎症と返ってきた
子宮頸がん検診の結果で炎症ってどういうことなのでしょうか?わかりやすく解説しました。
検診の頻度はどれくらい?
子宮頸がん検診はどれくらいの頻度で受けた方がよいのでしょうか?わかりやすく解説しました。
LSILの意味は?
子宮頸がん検診でLSILという結果の意味についてわかりやすく解説しました。
検診結果で精密検査なら何%の確率でガンと診断される?
子宮頸がん検診結果で精密検査を受けたら何%の確率でガンと診断されるのでしょうか?詳しく解説しました。
子宮頸がん検診はエコーで実施できないの?
子宮頸がん検診はエコーで行えないのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診で陽性って?どれくらいあるの?
子宮頸がん検診で陽性ってどういうことでしょうか?また、どれくらいあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診の結果でNILMとはどういう意味?
子宮頸がん検診の結果でNILMとはどういう意味なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診後の注意点を3つご紹介します
子宮頸がん検診後の注意点を3つご紹介しています。
子宮頸がん検診の前日に避けるべき3つの行為とは?
子宮頸がん検診の前日に避けるべき3つの行為についてわかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診の所要時間ってどれくらい?
子宮頸がん検診の所要時間ってどれくらいでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診後の出血っていつまで続くの?
子宮頸がん検診後の出血っていつまで続くのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診を受けるのにおススメの服装とは?
子宮頸がん検診を受けるのにおススメの服装をわかりやすくご説明します。
子宮頸がん検診は何歳まで受ける必要があるの?
子宮頸がん検診は何歳まで受ける必要があるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
産後に子宮頸がん検診を受けにくい理由とは?
産後に子宮頸がん検診を受けにくい理由についてわかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診後に腹痛が!いつまで続くの?
子宮頸がん検診後に腹痛が!いつまで続くのでしょうか?詳しく解説しました。
子宮頸がん検診で精密検査を受けたら費用はどれくらいかかる?
子宮頸がん検診で精密検査を受けたら費用はどれくらいかかるでしょうか?解説しました。
子宮頸がん検診の結果が遅い理由とは?
子宮頸がん検診の結果が遅い理由についてわかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診でASC-Hという結果が!どういう意味?
子宮頸がん検診でASC-Hという結果が出た場合、どういう意味があってどう考えたらよいのでしょうか?わかりやすく解説しました。
生理前でも子宮頸がん検診を受けることができますか?
生理前でも子宮頸がん検診を受けることができるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮がん検診で再検査になる方の割合ってどれくらい?
子宮がん検診で再検査になる方の割合ってどれくらいでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮がん検診で再検査を受けると費用はどれくらいかかるの?
子宮がん検診で再検査を受けると費用はどれくらいかかるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮がん検診ってどんな方法でおこなうの?
子宮がん検診ってどんな方法でおこなうのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮がん検診の結果が届くのはいつ?
子宮がん検診の結果が届くのはいつでしょうか?解説します。
子宮頸がん検診でポリープ発見!大丈夫?
子宮頸がん検診でポリープが見つかった場合、大丈夫なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診結果でベセスダとは?
子宮頸がん検診結果でベセスダとは何でしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診の再検査ってどんな内容は?
子宮頸がん検診の再検査ってどんな内容はでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診で再検査!内容は?
子宮頸がん検診における再検査ってどんな内容の検査なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診による出血なら量はどれくらい?
子宮頸がん検診による出血なら量はどれくらいなら問題なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診再検査にかかる費用は?
子宮頸がん検診再検査にかかる費用はいくらいくらいなのでしょうか?わかりやすく解説しました。

 
トップページ 目次 子宮頸がん検診 子宮頸がんワクチン 原因