子宮頸がん検診 結果 lsil

子宮頸がん検診でLSILという結果の意味は?

子宮頸がん検診を受けると後日、結果が返ってきます。
どれくらいの期間で検査結果が返ってくるか?についてはこちらの記事をご覧ください。

 

子宮頸がん検診の結果はどれくらいでわかりますか?

 

検査結果はこんな感じです。

 

子宮頸がん検診
(画像はhttp://www.josei-kokoro.jp/re-examination.htmlより引用)

 

で、子宮頸がん検診の結果を見てみると、
成績というところにクラスという文字があったりして
「?」に感じることが多いと思います。

 

クラスの意味についてはこちらの記事をご覧ください。
クラスって何?子宮頸がん検診の結果について

 

さらにもっと意味不明なのが『LSIL』というものです。

 

子宮頸がん検診を受けて、後日郵送されてきた書類を見て
「LSIL」という結果が記載されていたら
「もしかして子宮頸がん?」と不安な気持ちになってしまうかもしれませんね。

 

子宮頸がん検診

 

しかも、これから結婚をして子供を産みたいとお考えの方であれば
なおさら心配な気持ちになってしまうでしょう。

 

LSILはlow-grade squamous intraepithelial lesionの略です。

 

low-grade squamous intraepithelial lesionを日本語に訳すと
低悪性度扁平上皮内病変という意味です。

 

LSILは子宮頸がんの原因であるヒトパピローマウイルスに感染している可能性が高く、
細胞も正常なものと少し違うという意味です。
専門的には細胞が異形成という意味です。

 

そのため、精密検査をして、子宮頸がんかどうか?しっかりと調べる必要があります。
子宮頸がん検診を受けるとLSIL以外にも英文字の略語を見ることがあります。

 

NILM・・・クラスTやUで正常な細胞しかない状態
つまり異常なしということです。

 

ASC−US(クラスU、クラスVa)・・・異形成ではないけど細胞に少し変化が見られる状態

 

ASCーH(クラスVa、Vb)・・・ASC−USよりも細胞の状態が悪いです。

 

LSIL(クラスVa)・・・これは先ほど説明しましたね。
ヒトパピローマウイルスの感染や軽度の異形成があります。

 

HSIL(クラスVa、Vb、W)・・・中から高異形成で上皮内癌の可能性が高いです。

 

SCC(クラスW、X)・・・明らかに扁平上皮癌の状態です。
手術や抗がん剤、放射線治療を受けないといけないかもしれません。

 

子宮頸がん検診

 

子宮頸がんはこんな感じで進行していきます。

 

正常な状態

 

↓ ↓ ↓

 

軽度異形成

 

↓ ↓ ↓

 

中等度異形成

 

↓ ↓ ↓

 

高度異形成

 

↓ ↓ ↓

 

上皮内癌

 

↓ ↓ ↓

 

初期癌(扁平上皮癌)

 

↓ ↓ ↓

 

進行癌

 

LSILのような軽度異形成の状態なら改善する方向に向かうこともあります。

 

子宮頸がん検診を受けてLSILという結果であれば
とにかく書類に記載されている指示に従いましょう。

 

精密検査と言われるなら、すぐに精密検査を受けましょう。

 

続いて子宮頸がんの症状について解説しました。

 

子宮頸がんかどうかチェックできる5つの症状とは?

スポンサードリンク

関連ページ

子宮頸がん検診は痛い?
子宮頸がん検診って痛いのでしょうか?どんな検査をするのか?解説しました。
痛くて出血する検査なの?
子宮頸がん検診は痛くて出血する検査なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
クラスって何?
子宮頸がん検診の結果について表示されているクラスとは何なのか?わかりやすく解説しました。
検診は自費だといくら?
子宮頸がん検診の費用は自費だといくらかかるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
動画で検診の流れを解説
子宮頸がん検診の流れを動画でご紹介します。
どれくらいでわかる?
子宮頸がん検診の結果はどれくらいでわかるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
検診で炎症と返ってきた
子宮頸がん検診の結果で炎症ってどういうことなのでしょうか?わかりやすく解説しました。
検診の頻度はどれくらい?
子宮頸がん検診はどれくらいの頻度で受けた方がよいのでしょうか?わかりやすく解説しました。
妊娠中でも検診を受けるべき?
妊娠中でも子宮頸がん検診を受けた方がよい理由についてわかりやすく解説しました。
検診結果で精密検査なら何%の確率でガンと診断される?
子宮頸がん検診結果で精密検査を受けたら何%の確率でガンと診断されるのでしょうか?詳しく解説しました。
子宮頸がん検診はエコーで実施できないの?
子宮頸がん検診はエコーで行えないのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診で陽性って?どれくらいあるの?
子宮頸がん検診で陽性ってどういうことでしょうか?また、どれくらいあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診の結果でNILMとはどういう意味?
子宮頸がん検診の結果でNILMとはどういう意味なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診後の注意点を3つご紹介します
子宮頸がん検診後の注意点を3つご紹介しています。
子宮頸がん検診の前日に避けるべき3つの行為とは?
子宮頸がん検診の前日に避けるべき3つの行為についてわかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診の所要時間ってどれくらい?
子宮頸がん検診の所要時間ってどれくらいでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診後の出血っていつまで続くの?
子宮頸がん検診後の出血っていつまで続くのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診を受けるのにおススメの服装とは?
子宮頸がん検診を受けるのにおススメの服装をわかりやすくご説明します。
子宮頸がん検診は何歳まで受ける必要があるの?
子宮頸がん検診は何歳まで受ける必要があるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
産後に子宮頸がん検診を受けにくい理由とは?
産後に子宮頸がん検診を受けにくい理由についてわかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診後に腹痛が!いつまで続くの?
子宮頸がん検診後に腹痛が!いつまで続くのでしょうか?詳しく解説しました。
子宮頸がん検診で精密検査を受けたら費用はどれくらいかかる?
子宮頸がん検診で精密検査を受けたら費用はどれくらいかかるでしょうか?解説しました。
子宮頸がん検診の結果が遅い理由とは?
子宮頸がん検診の結果が遅い理由についてわかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診でASC-Hという結果が!どういう意味?
子宮頸がん検診でASC-Hという結果が出た場合、どういう意味があってどう考えたらよいのでしょうか?わかりやすく解説しました。
生理前でも子宮頸がん検診を受けることができますか?
生理前でも子宮頸がん検診を受けることができるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮がん検診で再検査になる方の割合ってどれくらい?
子宮がん検診で再検査になる方の割合ってどれくらいでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮がん検診で再検査を受けると費用はどれくらいかかるの?
子宮がん検診で再検査を受けると費用はどれくらいかかるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮がん検診ってどんな方法でおこなうの?
子宮がん検診ってどんな方法でおこなうのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮がん検診の結果が届くのはいつ?
子宮がん検診の結果が届くのはいつでしょうか?解説します。
子宮頸がん検診でポリープ発見!大丈夫?
子宮頸がん検診でポリープが見つかった場合、大丈夫なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診結果でベセスダとは?
子宮頸がん検診結果でベセスダとは何でしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診の再検査ってどんな内容は?
子宮頸がん検診の再検査ってどんな内容はでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診で再検査!内容は?
子宮頸がん検診における再検査ってどんな内容の検査なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診による出血なら量はどれくらい?
子宮頸がん検診による出血なら量はどれくらいなら問題なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診再検査にかかる費用は?
子宮頸がん検診再検査にかかる費用はいくらいくらいなのでしょうか?わかりやすく解説しました。

 
トップページ 目次 子宮頸がん検診 子宮頸がんワクチン 原因