子宮頸がん検診 結果 クラス

クラスって何?子宮頸がん検診の結果について

子宮頸がん検診を受けた後、気になる結果の報告があります。

 

検診の結果は郵送の場合もありますし、
病院の受付で結果の書類をもらう場合もあります。

 

こちらの画像が検査結果の書類の例です。

 

子宮頸がん検診 結果
(画像はhttp://www.josei-kokoro.jp/re-examination.htmlより引用)

 

結果を見ると、『クラス』という文字が入っているはずです。

 

クラス1とかクラス2とか言われても正直よくわかりませんし
「私ってもしかしてガンなの?」と不安な気持ちになってしまう方も多いでしょう。

 

この記事では子宮頸がん検診の結果でよく目にするクラスについて解説します。

 

子宮頸がん検診の結果でよむ目にするクラスとは?

 

まず、子宮頸がん検診の結果としてよく見るクラスは1〜5にわかれます。
なので、クラス1〜5まで、それぞれ解説します。

 

子宮頸がん検診

 

クラス1

 

異常なしです。子宮頸がんの細胞や炎症細胞などがまったくない状態です。

 

クラス2

 

炎症細胞や年をとって変化した細胞が見つかったらクラス2と判定されます。ただ、子宮頸がんの細胞は見つかっていません。

 

クラス3

 

クラス3は

  • クラス3は
  • クラス3a
  • クラス3
  • クラス3b

にわかれます。

 

クラス3aは8割程度の確率でクラス1〜クラス2に戻ります。
でも、「もしかして子宮頸がんの細胞?」とやや疑わしいという判定がクラス3aです。

 

2〜3ヶ月後に再検査がすすめられることが多いです。

 

クラス3は子宮の一部を切り取って精密な検査を受けた方がよいレベルです。
クラス3bは手術が必要なレベルです。

 

クラス4

 

クラス4は子宮頸がんの可能性がかなり高い状態です。
子宮を摘出する手術が必要な場合もあります。

 

クラス5

 

がんが子宮頚部だけでなく、他の場所にまで転移している可能性があります。
手術や抗がん剤、放射線治療が必要かもしれません。

 

以上が子宮頸がん検診の結果でよく見かけるクラスの説明でした。

 

続いて、もし子宮頸がん検診の結果、悪い状態なら
精密検査を受けることになります。

 

すると今度はステージという判定結果が返ってきます。

 

ステージとクラスはまったく違うので詳しく解説しました。
子宮頸がんの症状とステージについて解説

スポンサードリンク

関連ページ

子宮頸がん検診は痛い?
子宮頸がん検診って痛いのでしょうか?どんな検査をするのか?解説しました。
痛くて出血する検査なの?
子宮頸がん検診は痛くて出血する検査なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
検診は自費だといくら?
子宮頸がん検診の費用は自費だといくらかかるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
動画で検診の流れを解説
子宮頸がん検診の流れを動画でご紹介します。
どれくらいでわかる?
子宮頸がん検診の結果はどれくらいでわかるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
検診で炎症と返ってきた
子宮頸がん検診の結果で炎症ってどういうことなのでしょうか?わかりやすく解説しました。
検診の頻度はどれくらい?
子宮頸がん検診はどれくらいの頻度で受けた方がよいのでしょうか?わかりやすく解説しました。
妊娠中でも検診を受けるべき?
妊娠中でも子宮頸がん検診を受けた方がよい理由についてわかりやすく解説しました。
LSILの意味は?
子宮頸がん検診でLSILという結果の意味についてわかりやすく解説しました。
検診結果で精密検査なら何%の確率でガンと診断される?
子宮頸がん検診結果で精密検査を受けたら何%の確率でガンと診断されるのでしょうか?詳しく解説しました。
子宮頸がん検診はエコーで実施できないの?
子宮頸がん検診はエコーで行えないのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診で陽性って?どれくらいあるの?
子宮頸がん検診で陽性ってどういうことでしょうか?また、どれくらいあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診の結果でNILMとはどういう意味?
子宮頸がん検診の結果でNILMとはどういう意味なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診後の注意点を3つご紹介します
子宮頸がん検診後の注意点を3つご紹介しています。
子宮頸がん検診の前日に避けるべき3つの行為とは?
子宮頸がん検診の前日に避けるべき3つの行為についてわかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診の所要時間ってどれくらい?
子宮頸がん検診の所要時間ってどれくらいでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診後の出血っていつまで続くの?
子宮頸がん検診後の出血っていつまで続くのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診を受けるのにおススメの服装とは?
子宮頸がん検診を受けるのにおススメの服装をわかりやすくご説明します。
子宮頸がん検診は何歳まで受ける必要があるの?
子宮頸がん検診は何歳まで受ける必要があるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
産後に子宮頸がん検診を受けにくい理由とは?
産後に子宮頸がん検診を受けにくい理由についてわかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診後に腹痛が!いつまで続くの?
子宮頸がん検診後に腹痛が!いつまで続くのでしょうか?詳しく解説しました。
子宮頸がん検診で精密検査を受けたら費用はどれくらいかかる?
子宮頸がん検診で精密検査を受けたら費用はどれくらいかかるでしょうか?解説しました。
子宮頸がん検診の結果が遅い理由とは?
子宮頸がん検診の結果が遅い理由についてわかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診でASC-Hという結果が!どういう意味?
子宮頸がん検診でASC-Hという結果が出た場合、どういう意味があってどう考えたらよいのでしょうか?わかりやすく解説しました。
生理前でも子宮頸がん検診を受けることができますか?
生理前でも子宮頸がん検診を受けることができるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮がん検診で再検査になる方の割合ってどれくらい?
子宮がん検診で再検査になる方の割合ってどれくらいでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮がん検診で再検査を受けると費用はどれくらいかかるの?
子宮がん検診で再検査を受けると費用はどれくらいかかるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮がん検診ってどんな方法でおこなうの?
子宮がん検診ってどんな方法でおこなうのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮がん検診の結果が届くのはいつ?
子宮がん検診の結果が届くのはいつでしょうか?解説します。
子宮頸がん検診でポリープ発見!大丈夫?
子宮頸がん検診でポリープが見つかった場合、大丈夫なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診結果でベセスダとは?
子宮頸がん検診結果でベセスダとは何でしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診の再検査ってどんな内容は?
子宮頸がん検診の再検査ってどんな内容はでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診で再検査!内容は?
子宮頸がん検診における再検査ってどんな内容の検査なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診による出血なら量はどれくらい?
子宮頸がん検診による出血なら量はどれくらいなら問題なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
子宮頸がん検診再検査にかかる費用は?
子宮頸がん検診再検査にかかる費用はいくらいくらいなのでしょうか?わかりやすく解説しました。

 
トップページ 目次 子宮頸がん検診 子宮頸がんワクチン 原因